ゴールデンバレーGC 1H プレーノート 

ゴールデンバレーGC クラブハウスと18Hグリーン

1H 532Y(チャンピオンティー・黒色) Par5

コースガイドはこちら↓

http://www.gvgc.jp/course/

 

1打目 FWまで約200ヤードの打ち下ろし。

キャリーで約180ヤードで手前の川(ペナルティーエリア)を

越えるタフなスタートホールです。

 

私は、レディスティーの左方向を狙って打ちました。

何とか川を越えて予定通り

レディスティーの前のラフ。

 

2打目は、左足下がりのラフのに

半分ボールが沈んでいたので、

#UTで140ヤード、FW右方向へ打ちました。

 

結果は、左へ傾斜があるのでFWセンターへ。

 

ピンまで180ヤード(グリーンエッジまで150ヤード)の

やや左足下がりのライ。

 

今までの私は、#5Wでピンを狙って打っていましたが、

今回は、児玉光雄先生のメンタルセミナーで

学んだことを活かして

3打目、川(ペナルティーエリア)まで90ヤードを

#PWでレイアップしました。

 

このような攻め方は初めてでした。

180ヤードをウエッジで刻むなんて・・・

 

ペナルティーエリアが無ければ#5Wで狙っていましたが、

児玉光雄先生のハザードを避けるに従い

ペナルティーエリアに届かない番手で打ちました。

 

今の私のレベルでは、

方向性とキャリーで160ヤードを

80%以上の確率で成功させることは

厳しいと判断しました。

 

打ち損ねると、トップまたは右方向へのスライスで

川に入る確率が50%以上と感じたからです。

 

4打目、ピンまで残り90ヤードを

再び#PWで打ち、

ピン横、ワンピンほどにオンしました。

 

パーパットは惜しくも入らず、

4オン2パットの6。

 

予定どおりのボギースタートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です