ゴールデンバレーGC 4H プレーノート

4H 371ヤード Par4

コースガイドはこちら↓

http://www.gvgc.jp/course/

 

1打目は、FWセンターへ

 

2打目、ピンまで残り170ヤード

 

児玉光雄先生のアドバイス通りなら

グリーン周りのバンカーに届かない番手で

レイアップするのですが・・・

 

当日のピンの位置から

レイアップしてバンカーの手前から

3打目のアプローチを打つ時、

危険ゾーンに向かって打つのは

かなりリスクが高いと考えました。

 

また、ダブルボギーが連続していたの

パーを取りたい気持ちが強く

グリーンを狙って打ちました。

ゴールデンバレーGC 4H2nd

しかし、左サイドは写真のように

川(ペナルティーエリア)があり、

手前に大きなバンカーが2つあります。

 

ピンはグリーンの左サイドに見えていたのですが

グリーン奥に見える木より右側を狙って

#5Wで打ちました。

 

やはり左側の危険ゾーンを避けたい

気持ちが強くあり、

ボールは出だしからターゲット方向より

右方向へ飛び出し

グリーンの右のラフへ止まりました。

 

3打目、

ボールのライを見ると

3Hの時のように半分沈んでいました。

しかも、嫌いな左足下がりの傾斜。

 

カップまで30ヤードほど、

沈んでいるので52度のウエッジで

ソールを滑らせて打つイメージで素振りをして

打ちました。

 

なな、なんと!シャンクして

グリーンに乗らず

また、ラフに止まりました!

 

シャンクが出ると連続して出るのではないかと

怖くて打てなくなる人が多いですよね。

 

今回、シャンクの原因は

・左足下がりの傾斜で

正しく構えることが出来なかった

・カップの奥が川(ペナルティーエリア)があり

不安があって身体の回転が止まり

手打ちになった

為と客観的に反省できました。

 

よって4打目は

シャンクの影響もなく

また、幸いにもカラーのすぐ近くだったので

#9アイアンで転がして打つことが出来ました。

 

結果、ワンピンほどに寄せて

何とか2パットのダブルボギーになりました。

 

3連続のダブルボギー。

 

あ~あ、今回も目標達成ならずかも?

と、ネガティブな考えが浮かびました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です